FC2ブログ
ひろしの旅
カホン奏者・ベーシスト・作詞作曲家・チャレンジャー:村岡広司のブログです
プロフィール

村岡広司(むらおかひろし)

Author:村岡広司(むらおかひろし)
6.9生まれ/B型/双子座
カホン奏者 (カホニスト)
ベーシスト/作詞作曲家
チャレンジャー/食いしん坊



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カウンタ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



【 9/22 HAKO FES 鹿児島 2018 ライブレポート】
★HAKO FES 鹿児島 福岡 岡山 2018 ダイジェストムービー


前にも書いたことがあるけど
僕は大体、2年後にやりたいことの妄想をするんです。

2年前、大阪で初めてハコフェスを開催した頃から、
ハコフェス47都道府県開催の妄想をし始めました。
1年前に具体的な作戦を練り始めました。

そして、鹿児島、福岡、岡山を成功させるイメージが出来上がったので
開催することを決めました。

その時に描いた村岡広司の妄想は、まさに今回各地で繰り広げられたような奇跡の夜でした。
でも妄想やイメージだけでは当然実現しないので、現地の"人"に会いに行きました。

村岡広司がどんな人間なのか、顔と顔を合わせて、直接知ってもらう。
これがハコフェス大成功への1番の近道であり、唯一の方法です。

とにかく、決めたからには、やるのみ。
やりたいんじゃー!!!!

ただ、
今までの東京・名古屋・関西とはちょっと違う意識を持って挑んだ部分もある。

場所によっては出演カホン奏者が集まらなかったり、技術レベルが低かったり、
会場がライブハウスではなかったり、地元のミュージシャンと繋がることが出来なかったり
いろいろ今まで通りにはいかないはず。

だったら、
その場所だからこそ出来るハコフェスを、今回だからこそ出来るハコフェスを、
やればいい!!
そういう気持ちで挑みました。

----------

180922B.jpg

9/22(土)鹿児島 Sitiera Hall
HAKO FES 鹿児島

全体パフォーマンス
カホン全員

からみゆか
・1曲 カホン岸田
・2曲 城山学園カホン隊
・2曲 カホン白澤

ぢゃん
・1曲 カホン村岡
・2曲 カホンKAZU(1曲、カホン隊:岸田、大石、戸澤、加わる)

チームパフォーマンス
ミキヒト、きむっち、山下

カホン座談会
HM CAJON、KAZU、村岡広司

聞間拓
・1曲 カホンKAZU
・3曲 カホン村岡(最後の曲はカホン全員)

全員セッション
お客さん参加型

----------

180922C.jpg

HM CAJON 浜崎有章
座談会だけではなくカホン奏者としても出演。それどころか音響も担当、その他にもいろいろと気を遣って動き回ってくれた。
本番中、ずっと泣いてた(笑)
この人との出会いで、村岡広司の人生が大きく変わった。
ありがとう!!

大石章仁
唯一、紹介ではなく自ら出演希望の連絡をくれた鹿児島在住カホン奏者。
ハコフェスよりも前に村岡広司のことを先に知ってくれていたらしい。
初対面で2人で入ったスタジオリハ。楽しかったな~♪
今後も関わっていきたい!よろしくー!!

白澤克実
からみゆかさんといつもタッグを組んでいる白澤さんがハコフェスに出演してくれると聞いて嬉しかった
普段はジャンベを使うところをカホンに変えて、全体パフォーマンスの練習にも参加してくれて
あまり自分を出すタイプではなく、きっちりやるべきことをやってきていた。
感謝です♪

岸田うらら
いろんな意味でハコフェスに欠かせない存在になりつつある岸田。
鹿児島でも派手さではなく演奏で、しっかり存在感を出していた。
ここ鹿児島から共に車の旅をすることになる、もはや戦友。

ミキヒト
愛を知る愛知県名古屋市からやって来た男。
ただ、それだけ。
(笑)
今回の遠征に、勢いだけではない想いというか闘志というか
そういうものを感じた。

きむっち
同じく名古屋から。
鹿児島の食を目当てに来やがったな!!!
(笑)
情の深い男だから、この日のハコフェス鹿児島できっとたくさんのことを感じたはず。

山下圭
相変わらず、顔でカホンを叩いてた。
それくらい豊かな表情♪
本番前ははしゃいでたけど、本番ではしっかり締まりのある演奏。
頼りになる男。

KAZU
最近のKAZUは行動力がライブ以外でもすごい。
人と人との縁を大事に、今一番やりたいことを行動に即移している。
そして、演奏はもちろんキレまくっていた。
KAZUがいることで村岡がやることも幅広く対応出来るようになるから、本当に心強い。
前日一緒に食ったトンカツは一生忘れない!!

戸澤晴子
HM CAJONの村岡モデルを使用している、素晴らしいカホン奏者。
(笑)
でも、
鹿児島に来てしまうほどにHM CAJONへの想い入れを持っていたことが嬉しい♪
パフォーマンス対応力も出会った頃に比べたら随分と上がっているから、今後も楽しみ!

城山学園カホン隊
浜崎さんが施設にカホンを教えに?一緒に遊びに?定期的に行っているのは知っていたけど、どんな施設かは把握していなかった。
鹿児島で浜崎さんと直接関わっていて、カホンを叩いている。その事実だけで出演をお願いしました♪
そしたらめちゃくちゃ楽しかった!!!
でももっと楽しく叩けるようになってもらわないとハコフェスに連続出演は難しいぞ!!
浜崎さんと直接関わっているっていう理由だけで出演出来るのは1回までだから、これからもたっぷりカホンを叩いておいてください♪
また、一緒に楽しみたいぞー!!!

180922D.jpg

ぢゃん
1月に浜崎さんの紹介で会ったのに、ディジュリドゥしか持って来ないで、なんじゃそれー!!
(笑)
と一瞬思ったけど、「絶対この人の歌は気持ちいいはず!」と確信した通り、本番のセッション、やばかった!!!
最高♪
村岡のカホンで、ぢゃんさんともっと共鳴したい。
鹿児島に行く理由が1つ増えました。
ありがとうございます!!

からみゆか
1月に初めて聴いて感動したコカリナの音色。
その音色がハコフェスで鳴り響いたこと。
岸田と城山学園カホン隊と白澤さんと合わせるという、さまざまな見せ方にも対応してくれたこと。
見事でした♪
次は村岡自身ががっつり合わせたいです!

聞間拓
村岡広司がやろうとしていることを
おそらく1番理解している人
また1つ、始まったね♪
とことんいきましょうや!!

180922A.jpg

そんなわけで、
HAKO FES 鹿児島、始まりました!!
2回目はあるのか?

それを決めるのは、村岡広司だけじゃない。
けど、
僕はもう、その気です。

9/22、鹿児島 Sitiera Hallのあの空間に居た全員、1人1人に
カホンの魅力がたっぷりと伝わっていたなら最高に嬉しいです♪

一緒に楽しんだ皆さん、ありがとうございました!!!!
また絶対に会いましょう♪


村岡広司!
【 大切なお知らせ 】全く使わなくなってしまった村岡広司のカホン2つを、販売させていただきます。
※追記※
初代HM CAJON は購入者確定しました。
デコラカホンは、現時点で1人から購入希望が届いているので
10/10で購入希望の受け付けは、締め切りになります。
-----------

【 大切なお知らせ 】
全く使わなくなってしまった村岡広司のカホン2つを、販売させていただきます。


先日ブログに書いた、ハコフェス運営費のためもありますが
カホンとして生まれたのに全然叩いてあげられていない、という現状はやはり申し訳ないという気持ちが強いです。
このどちらかの理由だけでは手放す気にはなれないけど、現状を考えて、この決断になりました。

だがしかし!!
この2つのカホンは、昨年に販売したカホン以上の想い入れがあるから、悩みました。

●10年以上前、人生2番目に購入したカホン、Decora43 MT-10472

DSC_2441_20180921073500d8b.jpg
DSC_2442_201809210735011d0.jpg

カホンの情報がまだ少ない頃、ネット上のカホン村岡の動画をたくさんの人が見てくれました。
そして、新宿などでカホン1人で路上ライブを週に3回くらいやっていた時期がありました。
その動画や路上ライブのほとんどが、このデコラカホンによるものです。
まさに、
カホン村岡広司を育てあげてくれた、大切なカホンです。
今の自分の演奏スタイルの土台を築いてくれました。
側面には友人が村岡のために描いてくれた絵が、今でも残っています。

初心者ではすぐには叩きこなせないかもしれない。
でも、村岡が叩き込んでいるから、良い音鳴ります。
長年使ってきた木製楽器特有のしわが、味わい深いです。



●HM CAJONの存在を知って、最初に購入した初代 HM CAJON。

DSC_2507_20180921073503feb.jpg
DSC_2508_20180921073459cc8.jpg
DSC_2509.jpg

初めてカホンメーカーの人と直接やり取りして購入したカホン。
今でも最初のやり取りはハッキリ憶えてます。
そして家に届いたカホンをスタジオに持って行って叩いた時のドキドキ感。
これは、叩きやすい、優しいカホンだなと感じた。
高さがちょい低めというのも、どっしり座れて良いのです♪

サイズが小さめだから低音は少し弱いが締まった心地よい音。
中音・高音に関しては、初心者でも気持ちいい音を鳴らすことが可能で、プロにも納得の音粒。

そしてコイツも友人が絵を描いてくれています。
裏面と側面に。
このデザインだけでも、唯一無二の存在感を放っています。
いや~、、、カッコイイ!!!(笑)

自分がカホンでどういう音楽活動をしていきたいか。
それを自覚し始めた時期の村岡広司を支えてくれました。



以上の2つのカホンを販売、、、、、します!!
もしかしたら、いつか買い戻させてもらうかもしれないけど(笑)

とにかく、カホンが好きな人!!ハコフェスが好きな人!!
村岡広司が生み出す音楽空間、ワクワク空間を一緒に楽しんでいきたい人!!

このカホンを大事にしてくれる人、ぜひご連絡ください。

※絵を描いてくれた友人には今回の販売のことを既に伝えてあります

◎価格◎
各5万円~100万円とさせていただきます。
村岡広司によるカホン個人レッスン2時間無料チケット付きです(場所代込み。日本全国どこでも受け付けます)

そしていわゆるオークション的に、購入希望してくれる人に値段を決めてもらおうと思っています。
より指定額の高い方にご購入していただきます。
(~100万円と記載してますが、村岡の中で●円以上は頂かないようにしようと決めてはいます)

ですので、このカホンを購入希望の方は
「デコラカホン購入希望」もしくは「初代 HM CAJON購入希望」、「お名前」「購入金額」を明記して
mail@murahiro.comか村岡広司のSNSのDMまで、ご連絡ください。


そしてこのメールは1人2回まで受け付けます。
1度購入希望のメールを送ると、現時点で何番目の指定額かをお伝えしますので、
それを見てもう1度購入金額を変えることも出来ますし、購入をやめておくことも出来ます。

※カホンをお渡しして1週間以内でしたら返品・返金に対応します※

受け付けはいったん、【2018年9月30日の23時59分】で締め切ります。
その時点で購入希望が0人の場合、もしくはなんらかの理由で決まらない場合は締め切りを10日後の【10月10日】に延長します。
決まらない場合はこれを10日おきに繰り返します。

※今回のカホン販売が成立した場合の売り上げの使い道としては
ハコフェスの運営費と共に、2018年に開催するハコフェス12公演に、多数出演してくれる出演者(カホン奏者・ゲストミュージシャン)への交通費補助として
主に使わせていただきます。



お金の話をあまり多くするとげんなりしますが、
一番お伝えしたいのは、このカホンを大切に使ってくれる人を探している!
ということと
ハコフェスをさらにさらに発展させるぞー!!自分が率先して楽しみまくるぞー!!
でも、真剣に未来を考えるぞ!!
ということです♪

どうぞ、よろしくお願いします。

お問い合わせも、気軽にどうぞ♪

では。


村岡広司
お客さん100人のライブとお客さん101人のライブ、大きな違いはありますか?
お客さん100人のライブと
お客さん101人のライブ
大きな違いはありますか?

チャージバックが一人分増える?
確かに!
ハイボールもう一杯飲める♪
よっしゃー!!
(笑)

ある人が
「○○のライブを見て、感動して、本当に人生変わるくらいの衝撃で、、」
と言っていたり

「○○の歌をテレビで見て、こんなに適当に生きてても良いんだって安心した♪」
とか、言ってたり

「ライブでもみくちゃにされて、すごくひどい目にあったから二度とライブに行かない!」
という悲しい話を見かけたり

運もあるし、自分次第でもあるし、誰かのせいもあるだろうけど

1人分の感情は、とても大きなものだと
僕はいつも思ってるから

100人のライブと101人のライブは
全然違うと思います。

でも、
僕らがやることは、変わりません。
これ以上ないやつ、その瞬間にしか生まれないやつ
やります♪

9/22 HAKO FES 鹿児島
9/23 HAKO FES 福岡
9/24 HAKO FES 岡山

連日だけど、
内容似てるけど、
1つ1つ
1人1人
1音1音
違うから

一緒に感じてほしい。
さあさあさあ!
いよいよ、あと1週間!!

うひょー!!!!

HAKO FES公式サイト
http://hakofes.com

15369867860.jpeg

村岡広司、音楽人生史上最大のピンチを全力で楽しんで乗り越えてみせます!のブログ(笑)
2006年に
当時活動していたバンドで、沖縄以外の46都道府県でライブをしました。
ストリートライブのみ、家には帰らず、約2ヶ月かけて周りました。

路上で、発電機使って、炊飯器でご飯炊いて、常温のレトルトカレーかけて食ったら、
めちゃくちゃ美味かった!!(笑)

CDの売り上げをメンバー3人の交通費・宿泊費・食費にしていたから、必死だったけど、とにかく楽しかった。
もちろん事務的な管理は俺。
その当時からそんな役回り♪

なんとかゴールの東京にたどり着いた時は、ちょっと寂しかったけど、
既に次を見ていた。


その翌年、2007年
カホン村岡としての活動が始まりました。

2009年1月、カホン村岡として初となるイベント主催@四谷天窓

2011年6月、バンド時代に「あそこでやりたいね!」と言っていた渋谷BOXXで主催

2012年1月、渋谷duo MUSIC EXCHANGEで主催するも不甲斐ない結果

2013年4月、「この人と一生一緒に居るな」とわかったので、貯金ほぼゼロで結婚

2013年12月、
カホンの祭典 HAKO FES、初開催!
@恵比寿天窓.switch

2015年6月、息子が生まれる

2015年12月
渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて、HAKO FES開催
満員御礼!

2016年
HAKO FESを大阪、東京で開催

2017年
HAKO FESを大阪、神戸、京都、名古屋、東京で開催
渋谷duo MUSIC EXCHANGE、3年連続満員御礼!

HAKO FESを日本全国47都道府県で開催することを宣言

2018年
ライブ出演のペースが月に10~20本になる

HAKO FESを
神戸、京都、大阪、鹿児島、福岡、岡山、名古屋、浜松、群馬、東京で
開催決定!


思えばあの2006年、日本全国を旅したことで
根本的な何かが変わったような気がします。

全国各地の人と出会えば出会うほど
僕はいつか居なくなるんだと確信していった

明日や何十年先の未来を想い描きワクワクしながら
今この瞬間を全力で生きるようになっていきました


村岡広司
カホンを愛して止まない男です。


ここ数年間、やりたいことだけに全力で取り組んできましたが
まさに今、村岡広司の音楽人生史上最大のピンチを迎えております!!

ひえー!!!!!
(笑)

そもそもHAKO FESは、たくさんの人に力を借りていますが、
村岡広司の音楽活動の中で唯一赤字を生み出しています。

これだけ理想を詰め込めばもちろんそうなるのですが、これを1年の内に全国の10会場で開催するとなった時に
去年までの比じゃない勢いで、お金がすっ飛んでいっています。
(笑)

特に今このタイミング。
鹿児島、福岡、岡山、名古屋、浜松、群馬、東京の準備が一斉に始まったこのタイミング。
恐怖、、、です。
(笑)

今年の12月末には結果的に最低でもプラスマイナスゼロに持って来れる算段だけど
この9月・10月を乗り越えられる気が全くしない!!
ひえー!!!!!!

HAKO FESを1年間、一切開催せずに準備を整えるか、、、という考えもあったけど
この流れを今止めるのは違う。

昨年末にHAKO FESによるプロジェクト「HAKO-BUNE」も立ち上げたけど
これはまだまだ、商品を発注して買い取る、ライブを組む、ワークショップを開催することで関わってくれる人達に
ほんの少しずつだけどお礼をしていってる段階で、「HAKO FESを運営する」段階にはほど遠い


というわけで!!
ここは現状をありのまま書いて、
村岡広司の妄想にまみれた人生をかけたプロジェクトを
「おもしろい!」「一緒に楽しみたい!」「一緒に作り上げたい!」と思ってくれる全国の仲間達に
力を借してほしい!!そして一緒に楽しんでほしい!!
と訴えるしかない。

とはいえ、
寄付してほしい!とかではなくて
(それが悪いってことではなく今は違うという意味で)

村岡広司としてさらにワクワクする活動の仕方を
もっとみんなに提供出来ないかなと
考えております。

同じ資金を集めるにしても
CD買って!グッズ買って!だけじゃなくて
「カホン村岡の日本全国グルメ情報&日本全国カホン奏者情報紹介サイト」
を立ち上げたい!
という企画とか♪
これ、絶対、村岡に勝てる人居ないでしょ!(笑)

過去に叩きまくっていたけど今は全く使わなくなった村岡広司のカホンの販売も
考えています。
愛着あって手離したくないけど、カホンとして全く使われないのも、申し訳ない。
叩き込んであるから、めちゃくちゃ良い音鳴りますよ♪

こういう時に頼りたくなるのがクラウドファンディングなんだけど
そこまで真面目じゃない方が良いなって思うんです。
今の村岡にとっては。
あと、あれはあれでけっこう事務的な準備が本当に大変で、その負担も考えると今は難しいのです。

「それ面白そうだね!よし俺も乗っかるよ!」「それマジで欲しい!売って!」
そういうものを村岡広司の方から、これからどんどん提供していくので、一緒に楽しんでほしい!!
どうか、ご注目ください♪

よろしくお願いします!!!


要するに、【お金が全く足りない】のですが
そのために人生を楽しむことを忘れたくないのです。
そしてみんなに心配されたいんじゃなくて、みんなと一緒に楽しみたいのです。
本当に!!マジで!!
(笑)

そして、
今まさに地震や台風、豪雨の影響で困っている人がたくさん居るのも知っています。
村岡が不特定多数の人を救うのは難しいけど、
今まで村岡に音楽で関わってくれた人が、この状況の中で楽しむための手助けなら出来ることもあります。
直接連絡を取り合って、ワクワクしながら考えます♪


今、
朝の5時30分です。
0時くらいからこの文章を書き始めましたが
やはりこうなってしまいました(笑)

村岡の頭の中にある妄想を
2年後、5年後、10年後に実現していきます。
これからも楽しみにしてもらえると嬉しいです♪

一緒に楽しんでいこう!!!


2018.9.13.村岡広司

DSC_1910 のコピー