ひろしの旅
カホン奏者・ベーシスト・作詞作曲家・チャレンジャー:村岡広司のブログです
プロフィール

村岡広司(むらおかひろし)

Author:村岡広司(むらおかひろし)
6.9生まれ/B型/双子座
カホン奏者 (カホニスト)
ベーシスト/作詞作曲家
チャレンジャー/食いしん坊



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カウンタ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



◎ツアーレポート1日目 「つぶらとメガネと汗」
野崎有真×カホン村岡広司×聞間拓
「つぶらとメガネと汗」

7/26(日)京都 和音堂

am3:30
有真が車で村岡家に到着
準備が追いつかず少し待ってもらって出発

am4:10
聞間拓家に到着
準備が追いつかず少し待って出発

3人揃っていざ、京都!!

150726-1.jpg

途中、パーキングエリアにてカレーパン事件発生。
売店のおすすめカレーパンを有真が購入したら、、ちっちゃ!!(笑)
同じものを買おうと並んでいた拓ちゃんはその小ささを見て別のパンを購入。
難を逃れた。
有真はその悲しみをしばらく引きずることになる。

京都着。

スーパー銭湯事件発生。
運転の疲れや寝不足もあるので、スーパー銭湯を探す。
休憩スペースでの仮眠が一番の目的。
ネット検索で確認して向かう。
無事に見つけてスーパー銭湯へ。
入場チケットを購入。有真はタオルも購入。
受付を済ませ中へ。

。。。。ん?

休憩スペースが、無い?

従業員の方に「休憩スペースありますか?」と聞くと
「ありません」という返事!!
なんてこった!!仮眠、出来ん!!

「キャンセル出来ますか?」
「出来ます」

というわけで、払い戻し。
有真は、タオルだけは払い戻しせず。
律儀なヤツだ。
でも、既にへろへろなタオルで一度使ったら駄目になりそうだった。
(笑)

スーパー銭湯は諦めて、ライブ会場の和音堂へ向かう。
場所を確認。
時間があるから、飯を食いに行くことに。

150726-2.jpg

有真オススメのお店にて
ランチセット。
美味かった!!!

150726-3.jpg

さらに時間の余裕があるから、別行動。
それぞれの準備や休憩に当てる。

俺は、その日の夜のイベントに必要なエプロンを購入。
その後は喫茶店で、有真と拓ちゃんの曲のイメージトレーニング。
どれだけ慣れている相手の曲だろうが、お客さんの前で自分以外の人の曲を演奏する時は
事前準備は出来るかぎり時間をかける。
それが本番に出る。
技術的なことはもちろん、その曲に込めた気持ちが自分のカホンのせいで伝わらなかったら
許されない。
この部分だけは、世界中のどんなカホン奏者にも負けるわけにはいかない。
技術的な部分は、日頃の練習による自分の実力以上のものは出ないから、その実力を発揮するための予習をする。

時間が迫ってきたので喫茶店を出てチラシをコピーして、和音堂へ。

初めての場所、和音堂。
なんだか居心地が良い♪
機材の準備をしていると、カケラバンクの櫻井幹也が現れた。
5月以来の再会。共演者としては1年半以上ぶりの再会。
やはり、嬉しい。
しばらくリハーサルが進んだところでカケラバンク伊藤弘も現れた。

全員でのセッション曲も確認して、いよいよオープン!!

カケラバンク活動休止中のまさかのイベントということもあり
この日のチケットは即ソールドアウト。
オープン前から大行列。

この日は形としては、幹也主催のイベント。
出演者全員がウエイターになって接客もしつつ、ライブ演奏もする。
という、はるばるやって来た出演者をこき使うイベント!(笑)
出演者それぞれのオリジナルカクテルがあったり、料理もあって配膳したり。
ライブ前にかなりの体力を使ってしまった。

150726-5.jpg

村岡広司のオリジナルカクテル、
「カホンバカンス」
が思った以上に注文が入ったのは嬉しかった♪
ちなみにネーミングは、「カホンバカ」まで俺が書いていたところに拓ちゃんがアイデアを足してくれた。

150726-4.jpg

料理が終わったところでライブスタート。
この日は
野崎有真

村岡広司

聞間拓

カケラバンク

全員セッション

の流れ。
俺は有真と拓ちゃんの枠でも少しカホンを叩き、
自分の枠(少し短め)ではカホンソロと弘とのセッション!
燃えたー!!!!
あと、カケラバンクへの想いも、伝えた。

有真は、初めましてのお客さんがほとんどの状況の中、
いつもの暖かくて少し笑える空気感と心に染みる歌を聴かせてくれた。

拓ちゃんは、やはり熱くて熱くて
最初の内はその熱さにとまどっている人の心もわしづかみにしてしまうくらいの熱さで、
暑苦しかった!!(笑)

カケラバンクは、、、
カケラバンクだった。
活動休止前のライブと比べてどうだったか?という冷静な分析は、ライブ中には出来なかった。
俺と拓ちゃんは、バーカウンターの中ではしゃいだ。「最高だな!」って。
腕を上げて、声を上げて、身体を動かした。
モトヤが、
「カケラバンクです!!」ってステージ上で発した時に、感動した。
やっぱり、カケラバンクのことが好きだ!!

あっという間にカケラバンクのライブが終わり、出演者全員でのセッションへ。
聞間拓の「どこまでもドア」と
カケラバンクの「スタートライン」

客席のみんなの表情が、最高だった。
嬉しさの中に、少し寂しさもあったかもしれないけど
楽しそうに笑ってた。

当時ライブ会場でよく見た顔もあれば、最近の村岡イベントでもよく会う顔、初めましての顔。
とにかく、みんなで一緒に楽しめたことに、感謝!
ありがとう!!!

150726-7.jpg

150726-8.jpg

150726-6.jpg

ライブが終わり、物販・歓談の時間。
遠征なのでいつもより力を入れたい物販だけど、強敵揃いだから無理せず少しずつアピールした。
CD・新作DVD共に買ってもらえて一安心。
ハコフェスのチケットも買ってもらえた。
よっしゃー!!!!

その後ツイキャス生配信なんかもあって、つぶらとメガネと汗の3人はツアー初日からヘトヘトになった!(笑)
カケラバンクと再会を約束して、和音堂のはせやんさんと紗代ちゃんに挨拶して
次の土地へ向かった。

初日から、これかよ!
最高だー!!!!!
そんな夜でした。

大阪に移動して飯を食うため、宿の近辺のファミレスなどを探すがことごとく閉店。
結局、吉野家!
でも美味かった~♪

1日目、終了。

150726-9.jpg


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する